akoの航海日誌

旅先の色々を紹介
 
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< オーランドからニューヨークへ | main | マンハッタン初日 >>
NYのホテル
NYの宿泊は最初West 57th Street by Hilton Clubを予約しようと思ったのですが
我々が所有してるのはオーランドなのでNYは30日前にならないと予約できないとのこと
(他のHGVCは9カ月切ると予約できるのですが・・)
もしそれで予約できなくて他のホテルとなるとギャンブルなのでこちらは止めました。
(スタジオタイプを予約するつもりでしたが、スタジオタイプにはバスタブが無いとのことで止めて良かったです。
やはりお湯につかって疲れを取りたいですから)

で、次に候補に挙がったのが今回泊まったホテルです。

Waldorf Astoria
ウォルドルフ・アストリア

相方が20年前会社の行事で泊まったホテル。
昔からこのホテルは凄いホテルだと聞かされていたので楽しみにしていたのですが
偶々ネットで目にした口コミが酷評だらけ・・
「うわ〜大丈夫かしら〜〜!?」と旅に行く前に色んな人に不安をぶちまけてました。

しかし、それは取り越し苦労でした。

ホテルはワンブロック全部が建物でそれはそれは大きなホテルです。
我々が宿泊している時はどちらかの企業の行事があったみたいで
企業の旗が掲げられていました。
(各国の要人が宿泊した場合はそこの国旗が揚がります)

ウォルドルフ・アストリア

何度もネットで目にした豪華なロビー。

ウォルドルフ・アストリア

中央の時計台は天辺が黄金の自由の女神です。

昼間はスーツ姿の方を沢山目にしましたが
ディナー時にはタキシード、ドレス姿の方で賑わっていました。

ネットはロビーでは無料で接続できるのですがお部屋では有料です。
(ヒルトンの上級会員は無料で接続できます)
なので朝や夜はパソコン持ってロビーに人が集まってきました。

ウォルドルフ・アストリア

我々のお部屋は969号室
通りに面しているので明るくて素敵なお部屋です。

ベッドがふかふかで大きくてとても寝心地が良かったです。

ウォルドルフ・アストリア

ライティングテーブルはいつも相方の指定席。

ウォルドルフ・アストリア

なので私は一人用のソファーで読書など・・。
我々が外出している時はダッフィーの指定席でした。

ウォルドルフ・アストリア

バスルームもとても清潔でバスタブが大きくて溺れそうでした(笑)
蛇口が洗面台と同じタイプで水とお湯が別々。
とてもアンティークな感じです。
しかしお湯の出は壊れるんじゃないかと思うぐらい凄い勢いで出ました。
どこかの口コミにシャワーカーテンがカビだらけと書いてありましたが
シミの一つも見つけられませんでした。

扉が重厚で「重っ」って言いながら開け閉めしていましたがそれも歴史のある建物の象徴?でしょうか。


少し重いですがバスローブが有りましたので汗が引くまではバスローブでごろごろしてました。

ちょっと気になったのは空調。
冷房だと気にならないのですが暖房にすると掃除していないエアコンの臭いみたいなのがしました。
うちの車の空調の臭いに似てました(掃除しなきゃ・・・)

ウォルドルフ・アストリア

部屋から見えるのは隣のビルと少しの空。
低層階なので仕方ないです。

ウォルドルフ・アストリア

でも、毎朝下の道を見て道行く人がどんな服装を着ているか確認してました。
NYに着いた日はとても春らしい暖かかったですが日に日に冬に逆戻りしていきました。

301 Park Avenue, New York, New York, 10022-6897, USA 
1-212-355-3000
最寄駅:6腺 51.ST駅
| ニューヨーク | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.as-gallery.com/trackback/943813