akoの航海日誌

旅先の色々を紹介
 
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ランチはスープカレー
ouchi
ouchi

14日のランチにスープカレーを食べに行きました。
去年行って美味しかったので旅行に行く前から決めていた。

去年はさらさらスープカレーだったので同じものを食べるつもりが
間違えてとろとろを頼んでしまいました。

ouchi
とろとろチキンベジタブルカレー¥995
(ピーマン、ブロッコリー、長芋、パプリカ、人参、かぼちゃ、おくら、いんげん、法蓮草、玉子)

でも、こちらも美味しいです。
辛さのレベルはHOT2にしました。
一口食べるとマイルドな味が来た後に辛さがじわーっと(>▽<)
去年食べたときは凄く辛く感じましたが、慣れたのか?丁度良い辛さでした。
HOT3の辛さも試してみたいですが、躊躇してしまいました。
ブロッコリーや長芋が揚げてあるのか香ばしかったです。
チキンはスルッと骨からお肉が剥がれるくらい軟らかいです。

ouchi
とろとろ角煮ベジタブルカレー¥1050

こちらの角煮も軟らかくて美味しいです。沈んで見えませんが角煮は3個入ってました。
お野菜の種類は同じでした。

ハピリカ(JAL飛行機内で配布している北海道限定クーポン)にココのクーポンが有ったのでラッシーをサービスして貰いました。

お店には1時半を過ぎて辿り着きました。
お店は結構賑わっていて二人席が一席だけ空いていてラッキーでした。
タイミングだと思うのですが、お料理が出てくるまで15分くらい待ちました。

我々以外にもハピリカを持っているグループが居ましたし、旅行者も多かったです。

住所:北海道札幌市中央区南3条西7丁目7-26
電話:011-261-6886
定休日:不定休
営業時間:11:30から23:00
(日曜祝日は20:00まで)
| 北海道 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
クリスマス市
ミュンヘン・クリスマス市
ミュンヘン・クリスマス市

吹雪が収まったので大通りにきました。

Mother Ruth`s Chistmas Story
ミュンヘン・クリスマス市

クリスマス市のお店はどれも可愛くて素敵な物が沢山あるので
毎年誘惑との戦いです。

ミュンヘン・クリスマス市
ケーキの上にスノーマンとサンタさん

可愛くて一目惚れでゲットしました。
ペーパーウエルダーにもなりそうな手の上にちょこっと載る置物。

いつもも夕食を食べてから来るので何も食したことがないのですが
食べ物のお店も色々あります。

日時:平成25年(2013年)11月29日(金)〜平成25年(2013年)12月24日(火)
   11時00分〜21時00分
場所:大通公園2丁目「さっぽろホワイトイルミネーション」会場
| 北海道 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小樽三時のお茶
今回も北一ホールに。

このお店は北一硝子に併設されているカフェです。
セルフサービスなので入り口でまず清算します。

北一ホール

今年のクリスマスデコレーションは一段と電飾が華やかになっていました。
ツリーを中心に広がっています。

北一ホール

3時過ぎていましたのでピアノ演奏が始まってました。
クリスマスのデコレーションをしたお店で素敵なピアノを聞きながらお茶を頂くのも
しばし外の寒さも忘れて心もぽかぽか。

北一ホール
左:キャラメルミルクティ¥530  右:粉雪ココア¥500

ミルクティはカップが熱かったので気をつけて飲めば良かったのですが、油断して一口目で火傷しました(^^;
(前にココアを飲んだ時は少し温めだったので・・・)

〒047-0027 小樽市堺町7-26 北一硝子 三号館 北一ホール
TEl 0134-33-1993(代) 受付時間9:00〜18:00
営業時間 8:45〜18:00 ラストオーダー17:30
※毎日8:45〜9:20には、幻想的なランプの点灯作業をご覧いただけます。
定休日 無休

 
| 北海道 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2013年12月13日に大雪振る
小樽は大雪

昨日までは雪が無かったとニュースで見たのですが小樽は雪の降りが凄くて
ウインドウショッピングもそこそこに。。お茶することにしました。
| 北海道 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小樽のイタリアン見つけました〜
ANDIAMO−アンディアモー

ANDIAMO 外観

小樽駅から徒歩3分ほどの場所にあるイタリアンのお店。
ランチをどこで食べようかとガイドブック見たり
ネットで検索したりで・・見つけたのがこのお店です。

小樽に着いたのが1時過ぎでした。
お店に直行しましたら奥の席が一席空いていました。

ANDIAMO サラダ
ランチサラダ ¥200

ANDIAMO フォカッチャ

自家製フォカッチャがサービスで出てきました。
ふかふかの美味しいフォカッチャです。

ANDIAMO パスタ
スルメいかと緑野菜のクリームソース 自家製タリアッテレ¥980

普段平打ちはは余り食べないのですが、自家製との事でしたので頼んでみました。
緑が綺麗でクリームソースが絡んだパスタは歯ごたえも程よくあり美味しかったです。

ANDIAMO ピザ
マルゲリータ ¥890

さすが窯で焼かれたピザは薄すぎず丁度良い厚さです。
チーズもソースも有っていて生地も香ばしく美味しかったです。
(ビヨーンと伸びるチーズがたまらないです〜>▽<)

サラダ、フォカッチャ、パスタ、ピザを相方と半部ずつシェアして食べましたが
腹八分目の丁度良い量でした。

お客は地元の人と観光客らしき人と半々くらいです。
(相方以外は全員女性でした)
他の観光客相手のお店に比べるととても良心的な価格設定です。

ANDIAMO 室内
窓辺には可愛いランプ

前回は飛行機が遅れたせいでお昼を食べそこないましたが、
今回は美味しいイタリアンを頂けて満足です。
良いお店を見つけました。

住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂2-16-11
TEL:0134-33-3733
営業時間:火〜日
ランチ 11:30〜14:00
(L.O.14:00)
ディナー 17:00〜21:00
(L.O.21:00)
定休日:月曜日 (月一回火曜日)

 
| 北海道 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ランチにスープカリー
今回の札幌旅行はJALパックで行ったのですが
オプションで『限定オプションプラン ワンコインご当地グルメ スープカレー』
と言うのを相方が見つけまして申し込みました。

ouchi
ouchi

こじんまりしたお店ですが女性スタッフが運営している居心地の良いお店です。

ouchi スープカリー
とろとろ 角煮ベジタブルスープカレー ¥1050
豚の角煮とピーマン・人参・ほうれん草・ししとう・いんげん・パプリカ・ゆで卵

角煮が軟らかくて美味しいです。
スープがコクが有って癖が無いです。
辛さレベル1 私にとっては食べやすい辛さでした。

ouchi スープカリー
さらさら チキンレッグベジタブルスープカレー ¥1050
チキンレッグとピーマン・人参・水な・長芋・キャベツ・パプリカ・玉ねぎ・エリンギ・ゆで卵

辛さレベル2で。。。思ったより辛かった!!!
でも美味しい!ご飯と食べるとなじんで辛さが軽減される。
キャベツと言うのが今まで食べたスープカレーには無い具材でなかなか会ってます。
さらさらスープが絡んで美味しいです。

しかし、辛いかった。


本日のケーキ

ouchi チーズケーキ
NYチーズケーキ ¥400

日替わりのようで、壁に掛かった黒板と入り口横に居るETが持つ黒板に
本日のケーキのメニューが書かれてます。

最近NYチーズケーキが無性に食べたくてあちらこちらで食べまくっていますが
このケーキがNYで食べたケーキに近い気がします。
甘さ控えめです。

このケーキを食べたらカレーの辛さがどこかに行ってしまいました。
北海道は乳製品が本当に美味しいですね。

住所:北海道札幌市中央区南3条西7丁目7-26
電話:011-261-6886
定休日:不定休
営業時間:11:30から23:00
(日曜祝日は20:00まで)





| 北海道 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
炙屋で晩御飯
炙屋大通ビッセ店

炙屋は大好きなお店で、札幌に来た日の夜は必ず炙屋です。
今回はホテルから目と鼻の先の大通りにあるお店に行きました。

炙り屋

先ずは生ビールで乾杯。
サッポロクラシックは美味しいです〜〜!
突き出しも三種類のお惣菜が入っていて一つ一つ楽しめます。


炙り屋
真たち ポン酢 ¥1300

冬になるとメニューに登場するので楽しみの一つです。


炙り屋
上富良野滋養豚串 一串¥220

初めてオーダーしたのですが、お肉が甘くて美味しいです。

炙り屋
お寿司はお好みで。
季節物で、八角・生にしん・寒ブリ

初めてさばしその巻物を食べてみましたが、しめ鯖と紫蘇がマッチしていて美味しかったです。

いつもカウンターの隅の席を予約します。
カウンターの中の板さんたちのお仕事ぶりを見るのが楽しいです。
焼き網にネタが乗ると「あっ、あれウチのかな〜」とか言いながら見てます。




炭焼・寿し処 炙屋 大通ビッセ店
住所 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3 大通ビッセ4F
TEL 011-271-1115
定休日 年末年始 (12/31、1/1)
アクセス 札幌市営地下鉄南北線大通駅 徒歩1分
営業時間 ランチ 11:00〜15:00(L.O.14:30) 15:00〜17:00
ディナー 17:00〜23:00(L.O.22:00)
| 北海道 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
カフェで休憩


羽田を出発するときに飛行機のトラブルで機材変更になり到着が予定より1時間遅くなりました。久々に小樽のベリーベリーストロベリーでランチをする予定でしたのに、、 お店に着いたのが14時20分位でした。

最新のるるぶにはラストオーダー15時になっていたので行ったのですが、お店の方に「もうラストオーダーは終わりました」と言われてしまいました。
お店の人がそういうのなら仕方ないけど、、二番手のお店を決めてなかったので悩んだ末,
晩御飯の予約を早めて貰いお茶をしました。

北一硝子三号館 北一ホール
北一硝子三号館 北一ホール


去年初めて訪れてすっかりお気に入りになりました。
静かな空間で気持ちが落ち着きました。

このお店は食券買ってオーダーするセルフのお店です。


北一硝子三号館 北一ホール
初雪ココア ¥500

外は雪景色でしたが、室内で温かいココアを、、と思いましたが
何かぬるい?
去年も頂いたけど、、こんにぬるかったかな?
雪をイメージしたホイップが溶けるからかな??

北一硝子三号館 北一ホール

今年のツリーも可愛い。
やっぱりクリスマスの時期がロマンチックで好きです♪

これからピアノ演奏と言うときに探索に出かけることに、、
飛行機が遅れたせいでちょっとドタバタなスタートになってしまいました。

〒047-0027 小樽市堺町7-26 北一硝子 三号館 北一ホール
TEl 0134-33-1993(代) 受付時間9:00〜18:00
営業時間 8:45〜18:00 ラストオーダー17:30  
※毎日8:45〜9:20には、幻想的なランプの点灯作業をご覧いただけます。
定休日  無休


| 北海道 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北一硝子のレトロなカフェ
北一硝子三号館 北一ホール

北一硝子

明治期の倉庫を利用した小樽ガラスの名店のカフェ。
館内には167個の石油ランプが灯っていて情緒があふれています。


北一硝子

クリスマスツリーをイメージした照明もとてもロマンティックです。

北一硝子
左:メープルウィンナーコーヒー
右:初雪ココア 各500円

少し時間が経ってから写真を撮ったのでホイップが少し沈んでしましました(^^;
ホイップが雪をイメージしていて、ネーミングに惹かれてオーダーしました

前々からガイドブックで見て行きたいと思っていたのですが
想像通りの素敵なお店です。


お店はセルフサービスです。
先に食券を購入してカウンターでオーダーします。
スタッフの方が店内を回っていないので静かで落ち着いた雰囲気を味わえるお店です。

曜日と時間によってピアノ演奏があります。

〒047-0027 小樽市堺町7-26 北一硝子 三号館 北一ホール
TEl 0134-33-1993(代) 受付時間9:00〜18:00
営業時間 8:45〜18:00 ラストオーダー17:30  
※毎日8:45〜9:20には、幻想的なランプの点灯作業をご覧いただけます。
定休日  無休


| 北海道 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大正硝子館の雪だるまくん
大正硝子館

大正硝子館ー雪だるま
雪だるまカップ 一つ3675円

この白くてコロンとして可愛い表情が気になり手に取りました。
お店の方が「一つ一つ手作りで表情も違うんですよ」と仰ったので選ばせてもらいました。

厚さも微妙に違うので色が微妙に違います。

HOTもOKなのでこの子に温かいミルクティとか入れて飲みたいです。

(ビールも美味しそう♪)

住所:北海道小樽市色内1-1
電話番号:0134-32-5101
休み:無休
時間:9:00〜19:00(夏期は〜21:00)
交通:JR函館本線小樽駅から徒歩15分
| 北海道 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |